レスキューチャレンジ
最新情報はこちら(技術委員長ブログ)

レスキューB競技選考結果を発表します。 詳細は以下のファイルをご覧ください。
レスキューB競技選考結果

2011年レスキューB参考資料

レスキューチャレンジの詳細についてはこちら


・レスキュー競技のジャパンへの選抜方法について
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  • 複数人数チームが世界大会全チャレンジの参加必須条件になった。
  • 現在1人チームでノード・ブロック大会に参加し、日本大会に推薦されているチームには
      複数人数チームとして日本大会にエントリーすることを推奨するが強制はしない。
  • 上記にともないブロック長の判断により、日本大会エントリー時に   メンバーの追加を行うことができる。
  • 世界大会エントリー時に複数人数チームのみ推薦を行う。
      日本大会において一人参加のままで上位成績となった場合で、   世界選抜条件として猶予期間内にメンバーを追加できない場合は、次点チームを繰上げ選抜とする。
なお、ノード大会、ブロック大会へのエントリー条件(メンバーの追加等)については 各大会で決定するものとする。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


・NXTLineLeaderについて
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
世界大会では使用できなくなりましたが、 (http://www.rcjrescue.com/p/faq.html) 国内のレスキュー技術委員会での検討の結果、 今回のジャパンオープンまでは使用可となりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

-------------------------------------------

レスキューチャレンジへようこそ!

レスキューチャレンジは、ロボットが自分で周りの状況を判断し、様々な障害をのりこえながら、被災者シールを見つけていく競技です。

レスキューチャレンジには、以下のような特徴や利点があります。

・ラインに沿って進む「ライントレース」が基本であり、初心者でも始めやすい。
・ライントレースを通して、光センサーやモーター制御など、ロボットの基本を学べる。
・コースを進むにつれて難易度が上がる仕組みなので、自然と実力を高めることができる。
・障害物、線の切れ目、坂などのロボット製作制御を楽しめる要素が多くある。
・タッチセンサーなど様々なセンサーとの組み合わせで、工夫には無限の可能性がある。
・スピードやパワーはあまり重要ではないので、高価な部品がなくても活躍できる。
・一台のロボットだけで参加するので、一人でも参加しやすい。

何より「レスキュー」という人助けにつながる競技であることが、前向きな気持ちを生み出します。自分のロボットが、障害をのりこえ被災者を無事に見つけ出したときの喜びを、ぜひみなさんも体験してください。

今後、みなさんがレスキューチャレンジに取り組む上で、お役にたてる情報を載せていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

参考資料

※過去のルールに関してはルールのページからご覧ください。

レスキュー2009ルールFAQ(日本語訳:PDF)

被災者の型[世界大会2008、ジャパンオープン2009](PDF)

世界大会2009レスキューフィールド・レイアウト図(PDF)